中国料理 基本の二つの漬物を「あ・づ・み」ます

基本の漬物 その1
{醤蘿蔔ジャン・ロン・ポー}醤油ベースの漬物で大根や人参などを漬けるのが定番

従来は大根に塩をふり乾燥させてから浸けるのですが
「あ・づ・む」マジック

<材料>
大根(皮付き)  250g
ムキニンニク   2~3かけをスライス
タカの爪     3本
山椒の実     小さじ1
<漬けダレ>
こいくち醤油   100cc
上白糖      100g
紹興酒(老酒OK)100cc
ごま油       少々
<作り方>
最初に漬けダレを作ります
鍋にごま油少々入れタカの爪・ニンニク・山椒を入れ軽く炒めます
ニンニクに軽く火が通りタカの爪の香が出たら
調味料を入れひと煮たちしたら火を止め器に入れます

大根を皮付きのまま50度で30分浸けます

次に写真のように切ります(皮は剥いています)
スチーマーで80度 15分蒸します

蒸しあがったら漬けダレに入れます

ものの2時間位で、しゃきしゃきした歯ごたえのある漬物が出来上がります。
今までは最低でも3~4日かけて仕込んでいた物が、見事に短時間で従来と遜色のない
漬物が出来上がるなんて・・・僕の青春を返せって  てなピックリピックリです

<補足>
甘味や醤油の塩辛さはお好みで調整されて下さい。山椒が苦手の方も除いてもいいですし
最初にごま油で炒めるのも沸かすだけで油を使わなくても大丈夫です

カテゴリー: 前田シェフのとっておきレシピ, 未分類   パーマリンク

コメントを残す